microboc's blog

はてなダイアリーから記事コピペ。自分用ゲームメモ。

恋姫演武ver2.00での曹操変更点

キャラ固有の変更点をこちらに記載。

・立ちAのリーチが拡大
→5Aは2Aよりリーチが短かったので若干使いづらかったのだが、
これによりほぼ2Aと同等のリーチになった印象。純粋に強化〇。

・立ちCがジャンプ攻撃ではなく中段攻撃判定
→もともとコンボ用か精々遠目の相手への対空くらいにしか
使っていなかったのであまりプレイ中の影響は無し。

・ジャンプAがキャンセル可能に
→ほぼこれによる恩恵等はおそらく無し。詐欺飛びJAにEX地上深淵を
仕込みにくくさせる為の調整だと思われる。

・J2A、J2B、J2Cで横方向の移動量が変更できるように
→J2Cより鋭角、手前に着地するA,B版が追加に。その分降下スピードも
遅くなるようで、相手のリーチの短い対空技をスカすのが
主な使い分けの用途。
単体ではJ2C以上に相手に対応されやすい技だと思うので、
慣れるまでは無理に使い分けなくていいかも。

・絶入滅の調整
①発生が高速化
→コンボにかなり使いやすくなりました。密着で崩撃始動技を
当てた時はめくりJBではなく、最速C絶入滅(めくりヒット)で
代用してコンボ始動可能。
あとわずかながら今までより少し相手に反応されづらく。

②しゃがみガードクラッシュ属性に
→もともと発生遅い、モーション的に中段だとバレやすい事から
発生が早まっても結局通常版は飛び道具抜け/コンボ用に使うのが無難。
→EX版は成立時+7Fで近Bが確定ヒットするので、おもむろに出して
相手が反応しないことを祈りましょう。
一応、密着した状態でA/EX版を出すと謎にめくり当て(裏ガード)に。

③ダメージが上昇
→第2回ロケテストの時は如実に上昇(1200)でしたが、稼働verでは
ほぼver1.13並みのダメージなので実影響はほぼ無し。

④EX版の発生が24Fに(攻撃発生時まで無敵)
→相手の奥義を見てから後出しEX絶入滅で返すのが現実的に可能なレベルの
無敵時間の長さ。今まで同様引き付けてEX深淵でも勝てる場面も多いので
一応参考程度に。

⑤EX版のカウンターヒット時の崩撃属性を削除
→これはかなりの痛手。気軽に出しやすくなったのでしょうがない。

⑥崩撃コンボ中、画面端で奸雄の疾風ヒット後に出すとめくれなくなった。
→変更点に記載されていない調整。これまではコンボの締めを
奸雄の疾風>めくり絶入滅>近C>旋輪転というコンボに出来、
ダメージをかなり上乗せできていた事への弱体化でしょうか。
めくり絶入滅よりは難易度↑になるけれどめくりJ2C>近B>C旋輪転で
ある程度代用可能。ミスなく端攻めを継続したいなら通常投げ追撃もアリ。


その他の技について、現状ほぼ変更点は見つけていません。
なので相変わらず6Bはガード時不利Fが他キャラより多めだったり
先端気味に2Bを出すと3段目が空振って確定貰ったり。
システムの変更点が曹操にはプラスだったりマイナスだったりしているので、
環境の変化を受け入れ、早めにver2.00用の立ち回りなり攻めのパターンを
試行錯誤していくのが勝てる近道かと思われます。

恋姫演武ver2.00での共通変更点(曹操視点)

恋姫演武ver2.00が昨年末からAPMにて稼働開始しました。
キャラ調整に加えて前verである1.13から大きくシステムの
変更も加わっているためまずはシステムや全キャラ共通の変更点を
主にメインキャラの一人である曹操の目線から記載します。
(あくまで中級者視点です)


〇共通変更点
・リーチのある攻撃は、持続から最低でも 12F 喰らい判定が残るように
曹操のB攻撃はもともとお世辞にも優秀とはいいがたい性能なので、
後述のダッシュ速度上昇と相まってある意味相対強化かも。

・空中、地上受け身の後に 1F の投げ無敵付加
→旋輪転ヒット後、空対空後等の攻めが少しやり辛く。

・ダッシュ速度を 0.5~1.0 上昇
→攻めるときには大きくプラス、反面置き技として多用する
2Bの性能が相変わらず微妙なので相手の接近は許しやすくなったかも。

・吹っ飛びダウン、うつぶせダウン時のダウン時間が 5F 短く
→2CCH、通常投げ等の後攻めづらくなった。

・ジャンプ時の喰らい判定を上部以外統一
曹操はもともと食らい判定標準だったので影響なし。

・全キャラクターの3B地上カウンターヒット時が吹っ飛びに
→どちらかというと今まで呂布の3Bが発生早くリーチがそこそこで
かつ空中判定という強技で地上戦でもあまりに使えすぎていた事への
お仕置き調整と見てよい。曹操単体で見ればほぼ影響なし。

・全キャラクターの3Bの上部攻撃判定の発生が 1F 早く
→もともと3Bの性能が低かったのでこれは〇。ただし相変わらず
J2C(J2A,J2B)は空中判定・地上属性技のため3B対空でのカウンターでは
崩撃属性が付加されてしまうため、相対的には微妙。

・ジャンプ上昇中の攻撃がしゃがみガード可能に
→最後の削り、画面端に荀彧を設置後の中下段セットプレイにと大活躍していた
ジャンプ直後のJBが上段技になったため、崩しの手段に使えなくなりました。
これはなかなか痛い。

・投げ抜けが通常動作中以外の攻撃中、硬化中などでは不可能に
→前verで幅を大いに利かせていたいわゆる『仕込み投げぬけ』が不可能に。
そのため先読みバックジャンプやバックステップ、早めの打撃暴れ等が
対投げ対策になると思われますが、バックジャンプからJ2Cでリターンが取れ、
そこそこ姿勢の低い3Cで相手のA暴れにカウンターを取りやすい曹操には
このシステム変更はかなりの強化といえるのでは。

・中断必殺技が下段ガードクラッシュ技に
→絶入滅が該当。A~C版は下段ガードクラッシュ時+1F、EX版は+7Fのため
通常版はその後の攻めを有利に、EX版は近Bが確定ヒットするのでリターンが高め。
動作スピードが高速化したけれど、慣れられると結局見てから立ちガードされる。
そもそも曹操の中距離の下段が発生の遅い2Cのみのため対応されやすい。
正直初見殺しにしかなっていないような…。
他キャラでいえば呂布のEX暴虎が長い下段の2Bからキャンセル可能なためやっかい。

・EX必殺技から崩撃属性の撤廃(一部を除く)
曹操でいえばEX絶入滅。他キャラでも甘寧のEX冥誘斬B派生以外の技は
全て崩撃属性が削除された。その代わりこれらの技の多くが下段GC技、
かつ発生まで完全無敵(≒発生遅い分無敵時間も長い)技になったため、
とっさに出されると結構面倒になっています。
当てた時のリターンが大きく下がっているので
『一発逆転を狙える博打技』から『気軽に使いやすい割り込み技』として
生まれ変わった印象。正直コンボには使いやすくなったけれどCHでの
リターンが激減しているので相手の入れ込み必殺技等を読んだ時のお仕置きが
安くなったのが痛い。

・ゲージ不使用技の吹き飛ばしが受け身可能に
→これにより曹操は画面端で近B>旋輪転を当てた場合でも
相手に受け身を取られるようになり大打撃。逆に他のキャラの攻撃でも
受け身を取りやすくなったので、より瞬間瞬間の読み合いを制することが重要に。

・全軍師使用可能に
曹操的には先述の通り、画面端でセットプレイができなくなったため
荀彧に固執する必要がなくなっています。
ネックである立ち回り強化のために程昱に加えて鳳統、周瑜等を選ぶか、
対空強化に賈駆、または攻めを重視してその他軍師を選ぶというのがベターかと
思われます。

データカードダス アイカツスターズ!のグレードアップグリッターについて(その2)

どうすればグレードアップグリッター(以下GUグリッター)を出現させ、
効率よくレア・プレミアムレアのアイカツカードを集められるのか?
残念ながらどう頑張っても意図的に出現率は上げられないようです。
ランダム出現なのでひたすらやり続けるしかありません。
以下、よくあるカンチガイ。
Q1.難易度で出現率は変わる?
A1.変わりません。

Q2.累計クリアステージ数で出現率は変わる?
A2.変わりません。

Q3.今週のアイカツスターズで出やすいって聞いたけど…
A3.変わりません。

Q4.昔の弾のカードだと出やすいって聞いたけど…
A4.変わりません。

Q5.レアコーデが2種類あるブランドだとどっちのレアになるの?
A5.同じノーマルカードからであってもどのレアになるかはランダムです。
欲しいレアコーデがある場合は手に入るまでグレードアップし続ける必要が
あります。


○ふたりであそぶモードでのGUグリッターについて
1.ふたりで対戦!
第2弾から実装されている対戦モードでのGUグリッターは、
1P・2Pで出現率の乱数は独立している様子。
そのため二人同時のタイミングに出るときもあれば、
片方だけGUグリッターが2個出る、なんてこともあるので
対戦に勝った側は1つも出てないけど負けた側にGUグリッターがたくさん、
なんて場合もあり得ます。
また、ドレスメイクに制限はないので例えば2つ以上出現した場合は
ひとりであそぶ時と同様に追加クレジットにて、複数枚のカードで
ランクアップが可能です。
なので、キャラ(マイキャラ・使用キャラ)は1P2Pで別ですが、それを
覚悟の上であれば常時対戦モードでプレイを続けるのがおそらく
PRカード集めの効率だけ考えるなら一番だと思います。

2.ふたりで協力!
第3弾から実装のこのモード。いろいろ制限があります。
○難易度選択がふつう(☆☆)・むずかしい(☆☆☆)の2つのみ。
○このモードで遊んだ場合のカードは必ずキャラ2人でのアイカツカードになる。
ブロマイドメイク、ではないのでポーズ等は固定。
キャラの配置は自分の遊んだキャラが左側、相方が右側になります。
○クレジットの追加投入が不可。
ブロマイドメイクでの追加投入は例外的に可能ですが2枚以上の
ドレスメイクができません。
デメリットが大きいのは1,3番目で、低難易度しか選べないので
マイキャラ育成に向きません。
そもそも2キャラ使うのだから純粋に1キャラで2クレジット遊ぶ時の
半分の効率なのですが実際はそれ以下。
クレジット追加投入不可もGUグリッター集めではかなり不利で、2つ以上の
GUグリッターが出現していた場合も当然追加投入出来ないのでそういう場合は
GUグリッターを一つないし二つ必ず諦めなくてはなりません。
ただ、このモード最大の魅力といえばやはりキャラ2人一緒で印刷される
アイカツカードでしょうか。
どうしても友達のマイキャラと記念のアイカツカードを作りたい!とか、
ゆめちゃんローラちゃん二人一緒のカードを作りたい!等の
コアなファン向けのモードかも。GUグリッター、およびマイキャラ育成面での
効率は最低なので、一人でこのモードを遊び続けるのはお金に余裕を
もっておく必要があると思います。
私も第3弾でこのモードのみでアクセ以外のPRコーデを揃えましたが
お金がかなりかかってしまいました。

データカードダス アイカツスターズ!のグレードアップグリッターについて(その1)

グレードアップグリッターとは、データカードダス(以下DCD)アイカツスターズ!
での最重要アイテムと読んでもほぼ差支えのないものです。
効果としては、リズムゲーム中に身に着けていたレア・キャンペーンレア・
ノーマルカードのいずれかをプレミアムレア(レア)・
レア(キャンペーンレア・ノーマル)にランクアップさせます。
出現したときは星型のマーク、かつキラッという効果音が鳴るので一目瞭然です。


出現パターンは以下の2パターン。


リズムゲーム中に出現
最大3個まで出現、どのカードが対象になるかはランダム。出現率は低く、
序盤で出ればそれ以降もグレードアップグリッターが出ますが基本的には
最後の3回目のドラムロール中に出ると思ってよいでしょう。


リズムゲーム終了後の獲得グリッター確認画面で出現
こちらはいわゆるグレードアップグリッターボーナスと呼ばれるもの。
未確証ですがおそらく累計プレイ回数(クレジット)に依存するものと思われます。
正式稼働前のver1.00では学生証を使用してプレイ開始4回目(4クレジット目)で
確実に発生したため、学生証を量産したほうが効率的とまで呼ばれていました。
それ以降のバージョンではこの仕様は削除、現在はおよそ30クレジット前後に
1回出現するようです。

で、ここからが問題。グレードアップグリッターの出現率はドレスのランクごとに、
大まかにいえばレアカードとそれ以外とでは出現率がかなり違うようです。
第1弾から数えて累計10数万円以上はやっていると思いますが、体感上は
レア→プレミアムレア…10%前後?
それ以外→レア…20~30%前後?
くらいでしょうか。今は木曜日までグレードアップグリッター出現率2倍と
公言されているのでもう少し出ると思いますが、プレミアムレアはもともとの
出現率が低すぎるせいか2倍になってもあまり効果を実感出来ないプレイヤーが
多いようです。
ちなみに、レンタルドレスでのプレミアムレアは5%、レアは10~20%が体感での
確率です。「カードを買う」以外での自力排出は困難と思って差支えありません。
以下、続きます

曹操コンボ

少しノーゲージ伸びました。

○画面中央 ノーゲージ5210前後

めくりJB>3B>めくりJB>C空中深淵>近B(1)>C深淵>6C>遠C>めくりJC>めくりJB>近B(1)>C深淵>3C>C旋輪転


○画面端  ノーゲージ5150前後
前JB>(前ダッシュまたはJBを高めで当てていればその場で)3C>C深淵>3B>遠C(3)>垂直JC>6C>微ディレイ近B(2)>めくりC旋輪転>3C>C絶入滅>3C>C旋輪転

長い放置

仕事を再開し忙しさがピークの為更新が滞っている状態なので
折を見てまずはコンボから書いていくことにします

詐欺飛び(仮)について

曹操の詐欺飛びレシピ *3/5ノックバックのところ少し修正
10F詐欺=画面端以外で近BEX旋輪転or通常投げ(は少し歩いてから)or端で
EX以外の旋輪転から2A空振り後に前JAorJCで10F詐欺 端ならJ2C持続重ねでも

6F詐欺=画面端以外で近BEX旋輪転or通常投げ(は少し歩いてから)を当てた後、
地面に相手が2度バウンドしたのを見てから前J>最低空JA重ね
この際、低めJAが空振った時のみ仕込み無敵技が出るように仕込み入力可能。
レシピは低めJA>(本来ノックバックが起こるタイミングに無敵技コマンド)>AorB
JAヒット/ガード時はノックバックが起こるため仕込み無敵技が出ず、
入れ込んだAやB攻撃が出る。
JAが空ぶった時はノックバックが起きないため仕込み無敵技が出る
他のキャラでもたとえば楽進の通常投げ>最速前ジャンプ最低空JBも
同じく6F詐欺になりノックバックが起きるタイミングで無敵技を仕込むことで
相手の起き上がりバックステップや通常技暴れ、EX必殺技(勝てるかどうかは自分の
仕込む無敵技や相手の技の発生時間等に依存)などを狩れる。
このゲームのジャンプ攻撃は当てる時の高度によってフレーム状況や着地した時の
距離とか細かく変わるようです。
6F技の例:A/EX魏武の閃光、各種円月蹴、A~C青龍の刃 など
EX青龍の刃は発生4Fのため着地硬直4Fに確定、B威信斬は当身判定発生1Fのため
詐欺飛び不可。
それ以外の無敵技は基本的に6F詐欺飛びレシピで詐欺飛び可能。